ワンオペ育児の日のスケジュール

最近、だいぶワンオペ育児が辛くないようになってきました。

決して楽だとか、楽しめるなどとは絶対に言えませんが・・・

一言で言うと『心の持ちよう』次第です。

意識の高い育児をしようと思えば思うほど、自分が苦しくなるんですね。

ありのままを受け入れつつ、たまに本気で遊んであげる感じがコツです。

そして家事は余裕がなければ決して行わない。

今回は、ワンオペ育児を楽にこなせるようになったスケジュール

紹介しようと思います。

また、そこに至るまでのマインドとして

4つの心得を載せてみます。よければ参考にしてください。

1日の流れをご紹介

ワンオペ育児の時の自分のルーティンについて紹介します

時刻イベント当日行うこと前日までの用意
6:30起床布団はそのまま
(片付けない)
自分の好きなことしておく
7:00TV観賞会・NETFLI X
・Amazonプライム
・YouTube
自分の好きな映像を見ておく
(チャンネル探しの際に誘惑に負けないように)
7:30朝食・目玉焼きを焼く
・パンを焼く
・牛乳を入れる
卵・牛乳・食パンを用意
8:00おもちゃ部屋開放・全おもちゃを自由に使ってもらう特になし
10:00自由時間喧嘩、泣き声時は迅速に対応する
・親は読書を中心に過ごす
呼ばれた時は対応する
モバイルバッテリー用意

読みたい本を用意
12:00昼食
・作れそうなら、味噌汁・パスタなどを作る
・難しければ→から選ぶ
冷凍食品を完備
・大判焼き(甘い)
・枝豆(ビタミン)
・焼きおにぎり(主食)
冷凍果物(困ったときの必殺技)
13:00・TV観賞会
・おもちゃ部屋開放
・喧嘩、泣き声時は迅速に対応する
・親は読書を中心に過ごす
・呼ばれた時は対応する
モバイルバッテリー用意

読みたい本を用意
15:00・可能なら屋外へ
・無理ならLEGO等
・極力近場で済ませる
・決して無理はしない
可能ならば実家に応援を
16:30妻帰宅全員で歓喜😂帰宅時間の確認

長くなりましたが、大体こんな感じです。

その際、私が気をつけている心得について、以下でご紹介。

興味があれば見てみてくださいな。

ワンオペ育児の際の必須心得

心得その1:やりたいことは捨てよ。

当たり前のことですけどね

子供の相手も、ご飯を作るのも、着替えも、おむつ交換も全て親です。

ワンオペの日は自分のやりたいことなんて出来ませんよ。

やりたいと思っていても、普通はできないと思います。

できる人はきっと、無理をしているんじゃないかなぁ?

長くは続かないと思いますね〜。

私がそうだったのでね!

心得その2:子供の要望を最優先せよ。

子供に呼ばれた時、反応できないことは多々あります。

その時に『○○が終わったら行くから!』と先延ばしにしても

必ず約束は守りましょう。

そうでなければ、呼んでも無駄だと思われます。

単純に子供との信頼関係に影響してきますね、これ。

心得その3:家事は最低限、片付けは放棄せよ。

これが最も肝心かも?

  • 朝起きたら
  • ご飯を食べたら
  • 服を着替えたら
  • おもちゃで遊んだら

やりたい気持ちを捨てろ!!諦めろ!!

もう、絶対ですね。

無理するな!楽になれ!そのままでいいんだ!

妻が帰ってきたら任せちゃおう!

もしどうしてもやりたければ

私の行っている方法として、子供を巻き込んで家事をしています。

例えば、一緒に洗濯物たたみを行うとか

洗ったお皿を棚に戻すときに持ってきてもらうとか

一部だけでも参加してもらうことで子供の機嫌も直りやすいです。

心得その4:常に冷静であれ。子に怒ると妻にチクられるぞ。

心得1〜3を守らずにワンオペしていると

あなたの心には一つの感情が込み上げてくるでしょう。

そう、怒りです。

アンガーコントロールができなければ

矛先は妻と子供に向くでしょう。

これは予言です。

私の言う心得を守っていれば

長男から妻に『今日のパパは怒ってきて0点だったよ』

なんてチクられないです。

頑張った暁に、そう言われた時の心境を想像できますか・・・?

悟った方は、心得を守ることを勧めます。

ワンオペ育児の次の日は

思いっきり、自分の好きなことをさせてもらいましょう!

もしくは、夫婦で子供と思いっきり遊んであげましょう!

自分が我慢した分、子供もどこかで我慢しているかもしれません。

どこかで偏った部分は、どこかで補う。

そうやってバランスを取るようにして育児をすることも

心の平生を保つ大事なことかもしれません。

まとめ

今回は私の無理のないワンオペスケジュールの紹介をしました。

合わせて、ワンオペ育児で大切な4つの心得を紹介しました。

  • 親がやりたいことを捨てること
  • 子供の訴えを最優先にすること
  • 家事は最低限にして、片付けは諦めること
  • 子供に怒らないようにすること

これらを実践していくことで

しんどいなー

と言う気持ちは少し軽くなると思います。

私がそうだったので!

余談

最近、私の周りのある人から相談を受けました。

『旦那と私の育児の温度差がすごい。旦那は一生懸命、私は適当。』

『そんな旦那から罵られるのが辛い、しんどい、いやだ。』

と言うものでした。

この話の旦那さんのように

子供に良い育児をしてあげたい気持ちはよくわかります。

でもそれって、独りよがりな一面が強い気がします。

ずっと自分だけで見たり、育てたりできるわけじゃないから。

ドツボにハマると

本当に大切にしたいを見失ってしまう恐れがあります。

肩肘張らずに、バランスの良い育児をしていきたいですね!

では、今回の記事はここまで。

読んでいただきありがとうございました!